hideトリビュートアルバム総括、過去作全7枚を振り返る

hideが永眠して20年となる2018年。

hideの魅力を再び現在の音楽シーンに提示する"hide 20th Memorial Project"の一環として、最新トリビュートアルバム「hide TRIBUTE IMPULSE」が6月6日にリリースされる。

そのリリースを記念して、過去にリリースされたトリビュートアルバム全7作を、改めて振り返ってみたいと思う。

「hide TRIBUTE IMPULSE」の発売に向け、予習/復習してみてはいかがだろうか。


hide TRIBUTE SPIRITS

  1. Introduction
  2. ROCKET DIVE / 布袋寅泰
  3. Beauty & Stupid / 清春・SHOJI
  4. TELL ME / kyo & TETSU
  5. ピンク スパイダー / SIAM SHADE
  6. LEMONed I Scream / shame
  7. ピンク スパイダー / CORNELIUS 
  8. FLAME / ZEPPET STORE
  9. SCANNER / LUNA SEA
  10. DOUBT'99 / BUCK-TICK
  11. ever free /TRANSTIC NERVE
  12. 限界破裂 / OBLIVION DUST
  13. MESERY / GLAY
  14. CELEBRATION featuring hide / I.N.A.・Pata・heath 
  15. GOOD-BYE / YOSHIKI

一周忌にあわせ、1999年5月1日に発表されたトリビュート一作目。

hideを追悼するべく錚々たる顔ぶれが集結している。

トリビュートアルバムとして、史上唯一のミリオンセラーを記録。

hideの名に恥じぬ、素晴らしい追悼盤となっている。


hide TRIBUTE II -Visual SPIRITS-

  1. TELL ME / heidi.
  2. DICE / 摩天楼オペラ
  3. OBLAAT / GOTCHAROCKA
  4. D.O.D.[DRINK OR DIE] / 柩 from NIGHTMARE
  5. ピンク スパイダー / Sadie
  6. ever free / defspiral
  7. DOUBT / machine
  8. HURRY GO ROUND / CELL
  9. MISERY / DaizyStripper
  10. Beauty & Stupid / DOPPEL
  11. DAMAGE / THE KIDDIE
  12. Junk Story / UNDER CODE PRODUCTION LAST COLLABORATION「D•N•A」
  13. 50% & 50% / Mix Speaker’s,Inc.

2013年7月3日リリース。

『ソロ活動20周年』となる2013年から、『生誕50周年』となる2014年にかけてアニバーサリープロジェクト"hide ROCKET DIVE 2013-14"がおこなわれた。

その一環として発表されたトリビュートアルバムである。

ヴィジュアル系シーンから、hideの意志を受け継ぐバンドたちが集結した。


hide TRIBUTE III -Visual SPIRITS-

  1. ROCKET DIVE / R指定
  2. Beauty & Stupid / DIAURA 
  3. ピンク スパイダー / 己龍
  4. In Motion / FEST VAINQUEUR
  5. DOUBT / ダウト
  6. DICE / SCREW
  7. BACTERIA / アヲイ
  8. ever free / BORN
  9. D.O.D.[DRINK OR DIE] / DEZERT
  10. 限界破裂 / グリーヴァ
  11. EYES LOVE YOU / A(エース)
  12. HURRY GO ROUND / HERO

2013年7月3日リリース。

「hide TRIBUTE II -Visual SPIRITS-」と2枚同時発売された。


hide TRIBUTE IV -Classical SPIRITS-

  1. ROCKET DIVE [チェロ三重奏ver.] / 村中俊之 feat. エリヤ
  2. ピンク スパイダー [ロック・クラシック ver.] / Tin Toy Classica
  3. In Motion [現代音楽 ver.] / 酒井健治
  4. JUNK STORY [ホーミー ver.] / ボルドエルデネ
  5. DICE [チル・ラウンジ ver.] / 土屋雄作
  6. ever free [トリック・ギター ver.] / 谷本光
  7. TELL ME [クラシカル・ヴァイオリン ver.] / 奥村愛
  8. MISERY [クラシック・ピアノ ver.] / 蔵島由貴
  9. Beauty & Stupid [三味線 ver.] / はなわちえ
  10. EYES LOVE YOU [ジャズ・ピアノ ver.] / 松永貴志
  11. HURRY GO ROUND [マリンバ ver.] / SINSKE
  12. ever free [ロック&メロウ・ヴァイオリン ver.] / Sword of the Far East
  13. GOOD-BYE [テルミン ver.] / 佐藤沙恵
  14. Hi-Ho [電子鍵盤 ver.] / 阿邊葉月
  15. ピンク スパイダー [SPIRITS ver.] / 大澤誉志幸 with DIE

2013年8月28日リリース。

『ソロ活動20周年』となる2013年から、『生誕50周年』となる2014年にかけてアニバーサリープロジェクト"hide ROCKET DIVE 2013-14"がおこなわれた。

その一環として発表されたトリビュートアルバムである。

『クラシカル』をテーマに、hideにインスパイアされた気鋭のアーティストが集っている。

アコースティックから電子楽器まで、クロスオーバーサウンドでhideの名曲を再構築したトリビュートアルバムとなっている。


hide TRIBUTE V -PSYBORG ROCK SPIRITS- 〜CLUB PSYENCE MIX〜

  1. CLUB PSYENCE 20XX
  2. PSYENCE
  3. PINK SPIDER
  4. BACTERIA 
  5. SCANNER
  6. DICE
  7. Hi-Ho
  8. LEATHER FACE
  9. ERASE
  10. CELEBRATION
  11. POSE
  12. FROZEN BUG
  13. Squeeze IT!!
  14. DOUBT
  15. ever free
  16. Beauty & Stupid
  17. MISCAST
  18. OBLAAT

2013年8月28日リリース。

「hide TRIBUTE IV -Classical SPIRITS-」と2枚同時発売された。

盟友INAによるノンストップ・リミックスアルバム。


hide TRIBUTE VI -Female SPIRITS-

  1. ROCKET DIVE/AMIAYA
  2. In Motion/mini
  3. FLAME/chay
  4. Beauty & Stupid/分島花音
  5. HURRY GO ROUND/詩音
  6. TELL ME/青山テルマ
  7. MISERY/MAY'S
  8. GOOD BYE/JAMOSA 
  9. ever free/ 小柳ゆき
  10. ピンク スパイダー/倖田來未

2013年12月18日リリース。

『ソロ活動20周年』となる2013年から、『生誕50周年』となる2014年にかけてアニバーサリープロジェクト"hide ROCKET DIVE 2013-14"がおこなわれた。

その一環として発表されたトリビュートアルバムである。

色とりどりのフィメールボーカリストたちが、hideの名曲を歌い上げる作品。


hide TRIBUTE VII -Rock SPIRITS-

  1. ROCKET DIVE/氣志團 
  2. 限界破裂/D'ERLANGER
  3. FLAME/J
  4. DICE/筋肉少女帯
  5. MISERY(Remixed by INA)/GLAY
  6. POSE/CUTT
  7. D.O.D.[DRINK OR DIE]/THE CHERRY COKE$
  8. DOUBT/THE NOVEMBERS
  9. GOOD BYE/ZEPPET STORE
  10. EYES LOVE YOU/森雪之丞 with 今井寿(BUCK-TICK)
  11. ピンク スパイダー/THE PINK SPIDERS [Shame,PATA,CHIROLYN,JOE,INA] 

2013年12月18日リリース。

「hide TRIBUTE VI -Female SPIRITS-」と2枚同時発売された。

かつての盟友や、hideをリスペクトするアーティストがロックシーンの最前線から集結。

この作品で「SPIRITS」と銘打たれたhideのトリビュートアルバムシリーズは完結を迎えた。


hideの衝撃的な死から20年。

こういった死後の一連の活動に、違和感をおぼえる人たちもいるだろう。

しかし、hideの死後にファンになった人たちなど、新しい活動を楽しみにしている人たちもいる。

そして、死後の活動を通じて、新しくファンになる人たちもいる。

悪い面だけクローズアップするのではなく、多角的な視点で受けとめて、hideの音楽と魂を語り継いでいきたいと思う。

TEXT:管理人

2018年5月24日


サイト内検索


アクセスランキング