「名古屋系」その謎を紐解く、オールドスクール名古屋系ヒストリー


「名古屋系」とは一体何なのか!?

90年代前半。

Silver-Rose黒夢の全国進出。それに続く名古屋バンドの活躍、それを後押しする円盤屋の存在。中京圏V系インディーズシーンは異常な盛り上がりを見せ、一つの大きなうねりとなる。

そのムーブメントの渦中にいたバンドは、当時の音楽メディアなどにより「名古屋系バンド」と称されるようになった。

名古屋系はV系という言葉と同様、ムーブメントを指す言葉であり、音楽ジャンルではない。

しかし、名古屋シーン出身のバンドという意味合いに近かった名古屋系という言葉は、90年代後半に初期黒夢/Laputa/ROUAGE/初期FANATIC◇CRISIS/Merry Go Roundなどが作り上げた伝統様式を受け継ぐkein/Lamielといった名古屋系第二次世代が登場したことにより、特徴が明確化され音楽性を表す言葉として使われるようになる。


ポジティブパンク/ゴスの系譜

その名古屋系第二次世代が継承した伝統、オールドスクール名古屋系スタイルとは一体何なのか?

謎を紐解く鍵は名古屋系最重要人物の一人、清春のインタビューでの発言にある。

D'ERLANGERZI:KILLのコピーのような...そんなバンドが名古屋にはたくさんいた。そういうのじゃなくて、アサイラムとかZOAとかガスタンクみたいなバンドがやりたかった。シアトリカルでハードでダークなバンドがやりたかった。」

「当時多かった英語とかのいかにもなバンド名は付けたくなかった。メイクしてニコニコして、お客さんに媚びているようなのとは全く別のものがやりたかったんだ。」

「その当時は僕らしかそんなバンドいなかった。でも今は、ハードでダークで...包帯巻いたり血糊つけたり...そういうバンドたくさんいるよね。僕らはそういう道筋を作ったんだろうな。」

黒夢結成時のコンセプトである、ポジティブパンク/ゴスの影響下にある退廃的でダークな世界観とハードコアのようにアグレッシブでハードなサウンド。

これこそが、多くのV系ファンが思い浮かべる「名古屋系といえばダークでハードなバンド」というぼんやりとしたイメージの正体であり、その後のフォロワーがオリジナル名古屋系から継承した伝統様式なのだ。


名古屋系代表格バンドの当時のインタビューにはポジパンというワードが頻繁に登場する。

DEAD END、ビート色が影を潜めゴスに傾倒しはじめた頃のBUCK-TICK、バウハウスなどの4ADレーベルのアーティストからの影響を公言する者も多かった。

また、名古屋系はポジティブパンク/ゴスシーンとの親和性も高く、Lucifer Luscious Violenoueやオートモッドとも親交がある。

そのポジパンの帝王オートモッドの中心人物であるジュネは「黒夢はデスメタルがポジパンやっているような印象を受けた。」「ROUAGE、あれはポジパンだ。」という発言を残している。

こういったことからも、彼らがポジティブパンク/ゴスから直接的にしろ間接的にしろ強い影響を受けている事がわかるだろう。


そう、名古屋系とはV系シーンの中でもポジティブパンク/ゴスに特化したスタイルを指すのである。


1990-2000 オールドスクール名古屋系ヒストリー

それでは、そのポジティブパンク/ゴスを基点に、オリジナル名古屋系第一次世代と名古屋系第二次世代の中でも特に純血度の高いバンドを時系列に沿っていくつか紹介していく。

(この年表はポイントを抽出したものであることをご留意いただきたい)


名古屋系プロトタイプ 黒夢の前身 GARNET

1990年に真宮(後にOf-J)を中心に結成。

そのサウンドは、まさしく名古屋系プロトタイプ。

BUCK-TICKの今井寿を彷彿とさせるニューウェイビーな真宮のギターと清春のボーカルの相性が抜群。TABOO以降のBUCK-TICK+初期黒夢と言えばわかりやすいだろうか。

解散する1991年には初期黒夢のサウンドにかなり近くなっている。

清春は、真宮にオートモッドなどのダークな要素があるバンドを教えてもらったと話している。

名古屋系、はじまりのバンドである。


「名古屋系」「コテ系」2大派生ジャンルの始祖 黒夢

1991年GARNET解散後、黒夢が結成される。

グロテスクな世界観、シアトリカルな演出。清春と人時が掲げたポジパン+ハードコアというコンセプトに、臣のジャパメタ仕込みのギターが重なり、それまでのV系の既存スタイルを破壊した。

瞬く間にシーンの最前線まで躍り出た黒夢は多くのフォロワーを産み、「名古屋系」「コテ系」という2大派生ジャンルを作り出す。

いわゆる"黒†夢"はメジャーデビュー作「迷える百合達」をもって完結する。


名古屋系の雄 Laputa

1993年Laputa結成。

初期こそ黒夢の影響を強く感じるサウンドだったが、Silver-RoseのギタリストKouichiの加入により独自のスタイルを確立する。

名古屋系バンドでは珍しく正統派HR/HMの素養を持っており、安定したサウンドを築いている。

akiのコブシの効いたヴォーカリゼイション、Kouichiのハイレベルな作曲センス/ギターセンス。

彼らのサウンドスタイルを引き継いだバンドも多く、名古屋系の礎を築いたバンドといえよう。


高ポジパン濃度 ROUAGE

1994年にROUAGEが1stアルバム「ROUAGE」をリリースをする。

ポジパン濃度の高いそのサウンドは、オートモッドのジュネに「ROUAGEはポジパンだ」と言わしめたほどである。

ベーシストのKAIKI(ex.Silver-Rose)脱退後、メジャー進出。

それまでの王道V系サウンドに強めのポジパン要素を融合させたスタイルは、これぞ名古屋系というものに仕上がっている。


石月努のポップセンスが映える FANATIC◇CRISIS

1995年にFANATIC◇CRISISが1stアルバム「太陽の虜」をリリースする。

ポジパンを基盤にしたサウンドに、石月努のポップセンスが映える。

シンセギターを使用しており、どこかBUCK-TICKを連想させる雰囲気もある。

「太陽の虜」までの彼らは、まさしくダークヴィジュアル。名古屋系そのものである。

「MASK」以降は、大衆性に重きを置いたスタイルへ移項していく。


絶対的カリスマ Merry Go Round

Vo.真/Gt.Hideno/Ba.准那/Dr.KYOのラインナップが揃ったメリゴが本格始動。

1996年に「放送禁止の死んだふりをする潔癖症の実験体と箱の中の毒入りショートケーキ」をリリースする。

80年代アンダーグラウンドシーンのアブノーマルでアヴァンギャルドな空気を一点に凝縮させたような、オリジナル度/変態度の高い音楽性は当時のシーンに衝撃を与えた。

黒夢と共に「名古屋系」「コテ系」などに大きな影響を与えている。その影響力はDir en grey、蜉蝣、ゼロ年代以降のバンドにも及ぶ。

真が描く猟奇的な恋愛、サディズムやマゾヒズムなどをモチーフにした性的倒錯の世界、 ドラッグソングともとれる精神異常の世界、 早すぎたバンドマンとメンヘラ少女のラブソング、転調や変拍子を多用したサウンドスタイル。

彼らはそれを"PSYCHEDELIC DRUGS"と称していた。

准那とKYO脱退後、コマーシャリズムを一切排除した、よりコアな方向へ向かっていく。


名古屋系第二次世代の登場

1996年、後のLamiel維那/Rukaとlynch.玲央が在籍していた、名古屋系王道スタイルをもつLustairが「終焉の果て...」をリリース。

そして、新潟からは名古屋系の伝統様式を継承するバンドD'elsquelが「Life Trees」をリリース。

まだ若かった漾だが、この頃から完成されたボーカルスタイルを披露している。サウンドもポジパンを基盤にしたダークヴィジュアルで、新潟出身ながら名古屋系からの系譜を感じる。

1997年に正統派名古屋系Lamielがデモテープをリリース、翌年1998年には同じく正統派名古屋系keinがデモテープをリリース。眞呼と維那、次世代の名古屋系ヒーロー誕生である。

また同じ頃、D'elsquelと同郷であるbabysitterがシーンに登場する。彼らも新潟出身ながら、Laputaからの影響を軸に変拍子なども取り入れた、ハイレベルな名古屋系バンドである。

1999年、kein/Lamielの流れを汲むPoisonous Doll、メリゴ直系Systerが頭角を現す。

ただし、この辺りは当時の"V系モダンヘヴィネス化現象"も含んでおり、ゼロ年代ニュースクール名古屋系に繋がっていく側面も垣間見せている。

2000年、ex.AZALEAのメンバーを中心に結成されたサリーがデモテープをリリース。

Matina出身ながら名古屋系の血筋を感じるバンドで、清春チックなボーカルとテクニカルなギターが冴え渡る良質な名古屋系バンドである。


ヴィジュアルイメージ、ライブパフォーマンスにおける名古屋系の特徴

  • ポジパン/ゴスの流れを汲む黒服を基調とした衣装とメイク。あくまでモノトーン。コテ系/近年のゴスのように華美になりすぎない
  • ポジパン/ゴスの流れを汲むシアトリカルな演出(マネキン/十字架/棺/血糊/包帯など)
  • アーティスト写真、アートワーク、コンセプトにはストーリー性をもったアートチックなものが多い
  • 世界観尊守(MC控えめ/ヤンキーノリ控えめ/ファンとの一体感を求めすぎない)
  • ファンの雰囲気もポジパン/トランス系の流れを汲む文学少年少女寄り


「名古屋系」と「コテ系」の違い/名古屋系至上主義

V系ファンでも一見すると全く区別がつかない名古屋系とコテ系だが、そこには決定的な違いが存在する。

コテ系とはV系の王道要素を盛りまくる、言わば足し算の美学である。

それに対して名古屋系は、ルーツを重んじ伝統とバランスを保つ引き算の美学なのである。

同じ黒服でもコテ系はドロドロでコテコテの黒であり、名古屋系はシックで落ち着いた黒なのだ。

しかしながら、コテ系と呼ばれるバンドにも名古屋系の要素をもったバンド、名古屋系と呼ばれるバンドにもコテ系の要素をもったバンドが存在し、正確に分類するのは不可能である。


また余談ではあるが、名古屋系ファンには「ルーツを重んじ伝統様式を継承する名古屋系こそがヴィジュアル系」「保守的であることがヴィジュアル系」という原理主義的な思想を持つ者も存在する。


「名古屋系」とは当時のV系シーンに対するカウンター意識が生んだものである

音楽の歴史はカウンターに対するカウンターの繰り返しで成り立ってきた。ヴィジュアル系も例外ではない。

既存ジャンルのカウンターから生まれたヴィジュアル系だが、それがカルチャーとして成立すれば主流が生まれるのは当然のことであろう。

先に述べた清春の発言を思い出して欲しい。

「D'ERLANGER、ZI:KILLのコピーのような...そんなバンドが名古屋にはたくさんいた。そういうのじゃなくて、アサイラムとかZOAとかガスタンクみたいなバンドがやりたかった。シアトリカルでハードでダークなバンドがやりたかった。」

「当時多かった英語とかのいかにもなバンド名は付けたくなかった。メイクしてニコニコして、お客さんに媚びているようなのとは全く別のものがやりたかったんだ。」

当時のV系シーンの主流、それに迎合することへの反抗心。

名古屋系とは、そういったカウンター精神により生まれた新たな潮流だったのだ。

TEXT:管理人

2018年4月1日


サイト内検索


アクセスランキング