テレビでは教えてくれないV系のルーツに迫る

メディアが語らないヴィジュアル系のルーツ

ヴィジュアル系のルーツと聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか?

ビートロックからの流れを汲んでいる。ポジパンやトランス系バンドからの流れを汲んでいる。ジャパメタからの流れを汲んでいる。どれも正解だろう。ヴィジュアル系は究極のクロスオーバーだ。様々なジャンルの系譜が入り乱れた、複雑なバックグラウンドを持つ。その中で、とりわけよく耳にするのは「ヴィジュアル系はジャパメタから派生した」ではないだろうか。確かに影響を公言するバンド、メタル要素を持ったバンドが多く見受けられる。しかし、本当にそうなのだろうか?

そのモヤモヤを解消すべく、ここでテレビでは教えてくれないヴィジュアル系のルーツに迫ってみたいと思う。


YOSHIKIとDYNAMITE TOMMYとジャパコア

東のX、西のCOLOR。90年代のヴィジュアル系に興味がある人間ならば、よく耳にしているだろう。

YOSHIKI率いるエクスタシーレコード、DYNAMITE TOMMY率いるフリーウィル。ヴィジュアル系シーンを築いた、両者を象徴する言葉だ。その最重要人物である両者を起点に見ると、ヴィジュアル系シーンはジャパコアからの影響を大きく受けていることが見えてくる。


ヴィジュアル系創成期。レジェンドたちは、イロモノとして軽視されてきた。

「あんなものは邪道だ、ヘヴィメタルではない」「ミーハーで売れ線でロックとは程遠い」

だが、ヴィジュアル系は既成文化の権威に対するカウンターだった。

「もっと派手に過激に人と違った事がやりたい」「いつか認めさせてやる」

ヴィジュアル系のアイデンティティは既成概念の破壊、本当の意味での反体制である。それがジャパコアの精神性とリンクしたのだろう、バンド界のはみだしものだったヴィジュアル系レジェンドたちは、ジャパコアシーンとの友好関係を築いていく。その関係性は、エクスタシー、フリーウィルなどからリリースされた作品のサンクスリストやコーラス参加陣などに見る事ができる。また、YOSHIKIが参加したL・O・Xの作品でも、ジャパコアシーンとの関係性を確認する事ができる。


ジャパコアから受けた音楽性、ヴィジュアル面などの影響

音楽性やヴィジュアル面ではどうだったのだろうか?

DYNAMITE TOMMY率いるCOLORの音楽性は、メロコアの先駆けとも呼べるようなハードコアパンクを基盤にした独自のはちゃめちゃパンクで、ヴィジュアルもハードコアパンク、グラムメタル、日本のヤンキースタイルをクロスオーバーさせたものだった。反逆的で暴力性を帯びた彼らのスタイルにはジャパコアに通じるものがあった。

YOSHIKI率いるXの音楽性も、多大な影響を受けたと公言するガスタンクに続くメタルコアの先駆けで、YOSHIKIのプレイスタイルはD-BEATと呼ばれるハードコアパンクからの影響を強く感じさせるものだった。あの破壊衝動全開のドラムパフォーマンスも、間違いなくジャパコアが基盤にあるだろう。また、「爆発寸前GIG」のようなネーミングセンス、CO2ボンベを使ったパフォーマンスなどからも、ジャパコアからの影響が伺える。(YOSHIKIはガーゼやギズムのギグに通っていたと発言し、ハードコアに傾倒していた事を公言している)

加えて、90年代V系シーンを語るときにヤンキー文化や体育会系の縦社会だという事が触れられるが、こういった要素もジャパコアシーンから引き継いだものだと言えるだろう。

そして、YOSHIKIとDYNAMITE TOMMYが率いていたエクスタシーレコードとフリーウィルレコードも、パンクのDIY(Do It Yourself)の精神をしっかりと受け継いだものだった。

当時のメタルシーンへ対するアンチテーゼ

X JAPANはメタルの系譜として語れる事が多いが、YOSHIKIの精神性もメタルとは違いハードコアパンクの精神性に近いものだった。当時のメタルシーンは彼らに批判的であったし、また彼らも当時のメタルシーンに対してアンチテーゼともとれる発言を多く残していた。

YOSHIKIが「ヘヴィメタルって呼ばれたくない。かっこ悪い感じしない?あのマニアックな空気は好きじゃない」と語っているように、YOSHIKIの持つ気合いイズムは、メタルよりジャパコアの持つ漢気とリンクしたのではないだろうか。

一方、DYNAMITE TOMMYも「メタルと呼ばれるならイロモノでいい」「メタルから影響を受けるものはなかった」と語っており、自身のヴィジュアルについてはパンクのモヒカンを超えるインパクトを目指したという。

(蛇足だが、当時のV系レジェンドたちが「ちゃんと演奏しろよ」「あんなの音楽じゃない」などとイチャモンをつけてきたジャパメタバンドに、お仕置きしたという都市伝説も存在する)


そして、SUGIZO、清春、Mana(Moi dix Mois,MALICE MIZER)といったレジェンドたちもハードコアパンクからの影響を公言しているので、いくつか紹介する。

SUGIZOはハードコアパンクからの影響を公言し、LUNA SEAはパンク寄りのバンドだと発言していて、メタルの美学に対しては否定的な発言を残している。

清春は「DEAD ENDは他のジャパメタと違う気がした。MORRIEさんはポジパンやハードコアパンクの要素があってかっこよかった」「FLATBACKERもハードコアの要素があって好きだった」と語っていて、自身のバンドである黒夢にはハードコアからの影響を色濃く反映させている。

また、MALICE MIZERのMana様もパンクスであった事を公言していて、「メタルの音楽は好きだけど、胸毛とかは許せなかった」という発言をしている。

こういった事からも、ヴィジュアル系の美学は、根底の部分でハードコアに近いものだったのではないかと推測できる。


ヴィジュアル系の語源とされる、Xが掲げた「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」

その"VIOLENCE"の要素は、間違いないくハードコアパンクから引き継いだものであるだろう。

そう、ヴィジュアル系シーンはジャパコアシーンから派生したものなのだ。

TEXT:管理人

2018年3月19日



サイト内検索


アクセスランキング